木こりの菊池農園BLOG

岩手県で、木こりと農業を兼業しながら木村秋則さんの自然栽培(農薬・肥料・堆肥一切不使用)で水稲面積・一町二田歩でササシグレと亀の尾を親娘で作っています!

木こりのお仕事

先日、父の木こりの仕事を手伝っていました。

いつも難所ばかり頼まれることが常なのですが、また今回も難しい場所の木を切ることになりました。

f:id:kikori-farm:20171221092220j:imagef:id:kikori-farm:20171221092226j:image

↑ 杉の大木!…おおきいです。

 

背後は絶壁で、下には道路があります。

またまたどうやって切るのやら…と思っていたら、新しい切り方を実践していました。

f:id:kikori-farm:20171221092613j:image

↑ 切っている様子。

f:id:kikori-farm:20171221092516j:image

↑ 2〜3時間掛けて切ったあと。

f:id:kikori-farm:20171221092524j:image

↑ 切り株。

 

作業の動画を撮って置いたのですが、このブログでは動画は載せることは出来ない様です。(残念)

作業手順は、運搬車のワイヤーで固定し、父が切り口をチェンソーで入れてある程度までやったら私が運搬車のワイヤーを回して引っ張りながら一気に倒すのですが、今回の切り込みは向きが固定されるため、倒す向きは間違いなく狙った方へ倒れてくれました。

天候も味方してくれ、有難いことに無風の中で3時間掛かって作業は完了しました。本当に見事な手さばきでした。

f:id:kikori-farm:20171221093430j:image

↑  今回の現場。(切り終わったあと)

f:id:kikori-farm:20171221093444j:image

↑  1mバーのチェンソーでも尺が足りなかったのが、切り株から伺い知れます。

 

こうやって父は木を切っています。

私は木は切りませんが、多少の事はお手伝いしています。

毎度、父の頭の回転の機転には驚きの連続です。手伝ってて今回も驚かされました。

本当に木切りとは難しく、感覚と技の世界なので、ひとつ間違うと命が奪われる危険なお仕事ですので、大変な事です。

 

そんな感じで、「木こりの菊池」はお陰様で年度締めのお仕事を無事に終えました。

来年も頑張ります!