木こりの菊池農園BLOG

岩手県で、木こりと農業を兼業しながら木村秋則さんの自然栽培(農薬・肥料・堆肥一切不使用)で水稲面積・一町二田歩でササシグレと亀の尾を親娘で作っています!

稲刈りが終わり、、

2018年度の稲刈りが10月24日にお手伝い下さいました方々のお力添えのおかげで無事に終わらせて頂くことが出来ました!

例年とは違って天候がかなり味方をしてくれたので、最速の2週間程で完了出来ました!!

f:id:kikori-farm:20181106155900j:image

ラストの1田3畝歩ササシグレのはせ掛け作業の様子。

f:id:kikori-farm:20181106155906j:image

昨年よりもココだけ、また記録更新して沢山はせに掛かりました!

 

 

さて、次は脱穀…!

…と思いきや、今度は1週間の間に風が無く、たまに小雨が続いてきた為に、なかなか稲が乾いてくれません。

 

うーん。本来ならばもう刈り始めていたはずなのですが…!

 

と、言うわけで、来年の畑作の土壌改良の為に、畑に大麦を撒く段取りをしておりました!

f:id:kikori-farm:20181106160314j:image

イチヂクが植えてあるアリアに、先月撒いた大麦が芽生えてました…!!

f:id:kikori-farm:20181106160319j:image

大麦の間には、今年種取りした小松菜を撒いたものも揃って芽生えてました^ ^

 

まだまだ、大麦撒き続けてます!

来年からは土壌改良だけで無く、食用にも出来そうな感じですよ!楽しみです。

 

さて。

来週の11月11日〜12日は、MOA東北大会が雫石の森の風で宿泊込みで父と参加してきます!

f:id:kikori-farm:20181106161322j:imagef:id:kikori-farm:20181106161332j:image

 

…と、言うことで稲扱き(脱穀)は、11月13日以降になりそうです。

自然栽培米の稲扱きは、籾殻の粉がそんなに痛くないので、安心です。

ただ、鼻に入るので神経質な人はマスクをオススメします!

 

もしも、稲扱き体験もしてみたい!という方がいらっしゃいましたら、お手伝いをお願いします!!

稲をハーベスターに移して、稲扱きが終わったワラを集める仕事があるので、一人でも居ていただけるだけで、とても助かります✨

稲ワラが欲しい方は、お持ちいただいてもいいので!^_^

 

日取りの打ち合わせは、父の携帯まで!📱09048873862

🏠岩手県北上市立花16-115-18

 

 

どうぞよろしくお願いします😊🤲✨