木こりの菊池農園BLOG

岩手県で、木こりと農業を兼業しながら木村秋則さんの自然栽培(農薬・肥料・堆肥一切不使用)で水稲面積・一町二田歩でササシグレと亀の尾を親娘で作っています!

2019年稲刈り&脱穀が終わりました!

本日をもちまして2019年度の稲刈りはすべて無事に終わりました!!

f:id:kikori-farm:20191103220240j:image

*我が家では田車押しだけで除草をしていますが、ここは特に一番頑張って歩いたため、慣行栽培並みに雑草が生えていません。

 

 有志のみなさまのお力をお借りして、例年よりいつもより早く9月24日にスタートした1町2反歩の広い田んぼのはせがけには、随分時間が掛かりましたが、台風19号の影響もほとんどなく来れたのも有り難い気持ちが大きい反面、被災された皆さまにはとても胸に詰まるものが有ります。亡くなられた方にも衷心よりお祈りを申し上げます。。f:id:kikori-farm:20191103215818j:image

本当に想像を超えた自然災害です。。

 

さて、今年は田んぼに藁を2年間返さなかったのをやめて、藁を田んぼに戻してみることにしました。

従来のやり方だとハーベスタ脱穀して藁切り機で1把ずつ切ってから田んぼ一面に返して居ましたが、、今日は昨年から(坂の上零さん率いる→)はこぶねコミュニティを通じて知り合えた志村さんご夫婦のご協力を賜りまして、志村さんのコンバインをお借りしてはせに掛けた稲を1把ずつ入れて藁を切りながら脱穀してみました。
我が家はコンバインは使ったことがなかったので、ハーベスタよりも凄い馬力があったのには大変驚きました!

f:id:kikori-farm:20191103220030j:image

もみを回収しています。


f:id:kikori-farm:20191103220018j:image

志村さんの旦那様には脱穀を行なっていただきました!
f:id:kikori-farm:20191103220008j:image

志村さんの奥様には藁をレーキで田んぼに散らしていただきました!


 天気予報では今日から雨あしが出てくるはず…という事で焦って作業をしてたのですが、思いがけず正午には日差しが差して来ました!✨☀️🤲

f:id:kikori-farm:20191103215916j:image

↑午前中
f:id:kikori-farm:20191103215932j:image

↑午後には晴れ間が!?


 一生懸命に急ピッチで作業をしてましたが、予定してた場所を全て終わる頃には既に田んぼは真っ暗になってしまっていました。。

f:id:kikori-farm:20191103220105j:image

そんな感じで今年は志村さんご夫婦に脱穀まで助けていただき、父とふたり心からの感謝だけでは足りない思いでいっぱいでした…!!
志村さん、本当に有難うございました🙏🙇‍♀️✨✨✨✨✨

f:id:kikori-farm:20191104070320j:image
f:id:kikori-farm:20191104070314j:image

今年のはせかげイベントは有志の方が集まらなかったので中止してしまいましたが、それでも作業を進めていくにつれて少しずつ有志の方が現れてくださり、皆さん未経験者ではじめての慣れない動きの中にも精一杯お手伝いをしてくださったおかげで、とうとう1ヶ月かかりましたが、お陰様ではせに掛け終えました!

そして脱穀には志村さんご夫婦のお陰様で無事に終了する事が叶いました!!

1町2反歩⇒3600坪

我が家では父と2人だけで、この面積を自然栽培&天日はせ掛け干しにして丹精込めてお米づくりをしています。

 

これからも来年も体力が続く限り続けて行きたいと思います!

良かったらやり方は教えてすぐ出来る内容ですので!お気軽にお越しください!!!

手作業がほとんどですので、皆様のお力を頂けると大変捗ります!

どうぞこれからもよろしくお願いします🤲

本当に最後までお陰様でした!

どうもありがとうございました🙇‍♀️✨✨