木こりの菊池農園BLOG

岩手県で、木こりと農業を兼業しながら木村秋則さんの自然栽培(農薬・肥料・堆肥一切不使用)で水稲面積・一町二田歩でササシグレと亀の尾を親娘で作っています!

自然栽培のみかん

お正月が終わったと思ってたらもう2月に突入してて、今年の菜園計画もまだ決まってないのに確定申告のシーズンがジワジワと差し迫ってる感がなんとも言えない今日この頃。

 

12月に父が自然栽培の仲間から購入した自然栽培みかん🍊のご紹介をするのを忘れてたので遅くなりましたが投稿します。苦笑

 

f:id:kikori-farm:20180206215101j:imagef:id:kikori-farm:20180206215109j:image

↑(もうこれしか残ってません^_^)

 

 みかんは漢方では陳皮といって、様々な効能がある果物と言われているそうですね。

ガンや糖尿病、骨粗しょう症の予防から風邪の引き始めに効能があるのだとか何だとか…。

 

みかんの皮は普通は捨てるのが常ですが、自然栽培のみかんは農薬や肥料が掛かって無いので安心して皮ごと食べられます。(某有名医師は、テレビで皮ごと果物を食べる事を勧めてました。)

 

一般のみかんとは違って、糖度はそこまで高くはないのですが、皮ごと食べてみると程よい甘みが感じられます。

まさに皮と実がまるごと一体化していると言える自然栽培みかん🍊です。

 

風邪の時には丸ごと焼いて食べると効果を発揮するらしいのですが、今シーズンは親子とも風邪をひいていないので活躍の場は到来せず…。

でも、本当に風邪をひいたら試してみようと思います。

安心して丸ごと食べれるのが自然栽培の醍醐味ですよね ♪

 

皮は、乾燥させて粉砕してお湯でお茶にして頂くといいみたいです。(陳皮)

でも、前述した様に、丸ごと食べた方が美味しいので、つい皮を残すのを忘れていまします💧

ちなみに陳皮として乾燥して残すには、年数が経つともっと良いらしい事が某サイトでは紹介されていました。

 

というわけで、来年買ったら今度こそちゃんと皮を集めて乾かそうと思います!